引かれないためのマナー|合コンセッティング【ステラシンプル】

会員ログイン 新規会員登録
HOME > 恋愛マスターへの道のり > 居酒屋de合コン 引かれないためのマナー(男性編)

恋愛マスターへの道のり

引かれないためのマナー(男性編)

引かれないためのマナー(男性編) ドキドキの合コン。
合コンでの出会いが、運命の出会いということもあります。合コンでの運命の出会いに備えるには、常に相手に悪い印象を与えないようにマナーを意識することが重要です。
合コンで引かれないためのマナーを考えてみましょう。


第一印象が肝心!

合コンでの出会いを良いものにするかどうかは、第一印象にかかっています。
顔の表情や挨拶も大事ですが、女性はさりげなく服装もチェックしていますから、服装に手を抜いてはいけません。
しかし、服装にこだわりすぎるのも厳禁。全身ブランド物で固めるのは嫌みや勘違い君に思われやすいですし、胸元が大きく開いた服などは、自分大好きなナルシストという印象を与えてしまいます。男性の服装選びに大切なのは、流行を取り入れて清潔感を出すこと。高い服だから良い、安い服だからダメ、ということではないのです。さわやかな印象を与えられる、全身のコーディネートが重要なのです。
仕事帰りの合コンの場合、スーツで参加するという方も多いと思いますが、よれよれのスーツで参加するのはNG。そして、汗のニオイなどにも注意しましょう。わざと「仕事をがんばってきました」という雰囲気を出すのは、「デキる男」だと思ってもらいたいがための自己満足に過ぎません。仕事帰りの合コンは、服装も気分もリフレッシュしてからのぞみましょう。


会話に注意!

合コンでの会話、特に初対面の女性と会話をするときは、挨拶や言葉遣いに注意が必要です。いきなりなれなれしい口調で話をするのはやめましょう。
会話の内容は、下ネタやセクハラ発言は厳禁。お酒に酔って、説教くさい話になるのもいけません。「女はこうだから〜」などの差別的発言もご法度。また、本人達だけが分かるような内輪で盛り上がる話題もダメです。仕事の話をすることも基本的には悪い印象ですが、どんな仕事をしているか尋ねられたときに、さらっと説明する程度なら良いでしょう。「今日は疲れた」と、疲労感を演出し「デキる男」アピールをするのは、やはりやめましょう。


注文は相手の好みを聞いてから!

自分の好きな料理ばかり注文するのは、悪いマナーです。
ましてや、食べることに集中し会話もなく、仕事帰りの空腹を紛らわせるために来たかのような印象を与えてしまっては、合コンの意味がありません。料理を注文するときは、参加者の好みを聞いて、コミュニケーションを取りながらにしましょう。食べ物の好みがわかって、そこから会話が広がる可能性もありますよ。
相手が嫌いな飲み物、食べ物をふざけて注文するのは嫌われる原因です。量を考えないで適当に注文するのもいけません。


8,999人
お名前
セイ
メイ
性別 男 
メールアドレス
(半角英数)