男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動|合コンセッティング【ステラシンプル】

会員ログイン 新規会員登録
HOME > 恋愛マスターへの道のり > 何でもランキング 男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動

恋愛マスターへの道のり 何でもランキング

男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキング

男子と女子では考え方や感じ方が違うことがよくあります。でも、「もともと違うから仕方ない」と思っていれば、大きなトラブルは避けることができそうですよね。この先、どんなに多くの新しい出会いがあってもすべて楽しく構えていられるように、今のうちにいろいろな男性心理を知っておくのもおすすめです!

男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキングTOP10

必要以上にやせたがる まゆを描くためにそる
ひとりが「かわいい」というと、他のみんなも「かわいい」と言う 毎日化粧をする
みんなでトイレに行く 思っていることを遠回しに言う
「あなたにまかせる」と言いながら、選んだものに不満を言う 占いにハマる
買い物が長い 甘いものが別腹
集計期間:2008年8月19日〜2008年8月21日
情報提供:goo調べ (2008年8月調査)

1位:必要以上にやせたがる

ダイエットについて! 女子はいつだって「痩せないと!」と思っているのに対し、男子は女子がなぜそこまでダイエットに熱中するのか理解が出来ません。
女性がダイエットに励みながら「目標にしている体形」と、実際に「男性が好きな女性の体形」には少し差がありそうです。女性が思っているよりも、「ぽっちゃり体形」が好きな男性が多いとか…。
「痩せすぎでカサカサした手を見ると、悲壮感を覚えてしまう」など、過剰なダイエットで痩せすぎた手は、男性を驚かせるようです。多少の肉付きのよさは、女性らしさの象徴というだけでなく、健康的な生活をイメージさせるものなのでしょう。
しかも、「『ダイエット中だから』と言われてしまうと、食事に誘いづらい」と、なんなら出会いのチャンスすら逃しかねない意見や、「痩せたからって、全員がキレイになるとは限らない」などというシビアな意見も。
どうやら、ストイックすぎるダイエットや“ダイエットしてますアピール”は、男子ウケがよくないようです。ダイエットは、するならコッソリ&ほどほどに。これが正解なのかもしれません。

2位:ひとりが「かわいい」というと、他のみんなも「かわいい」と言う

みんなと同じ意見じゃないと安心出来ないっていうのは、共感する生き物である女子によくあることです。
そして、好きなものを語るときに「かわいい!」という言葉をよく使う女性は多いですが、男性からは「何がかわいいの?」と不思議に思われているケースが意外と多くあるようです。
友達の持ち物を条件反射的に「かわいい」と言う女性を、男性は嘘を言っているように感じることがあるようです。「適当な発言を言い合っている感じがして理解出来ない」という意見もあったので、男性の前では「かわいい」以外の褒め言葉も使ってみた方が良いでしょう。
「そういうときに『私は違うかも』って、正直に自分の意見を言う勇気のある子のほうがカッコいい」とか。
たしかに、“群れない&ツルまない女”のほうが、男子は声をかけやすいに違いありません!

3位:みんなでトイレに行く

これは女性特有の集団心理に起因すると一般的に言われています。
確かにこうした傾向は女性に強いようにも思われますが、こうした集団心理が、はたして持って生まれた性によるものなのかどうかを判断するのは難しいところです。

4位:「あなたにまかせる」と言いながら、選んだものに不満を言う

男子には理解し難いかもしれませんが、女子としては「コチラの好みくらい、いい加減に察してよ!」ということなのです。本音は、「アナタにまかせる」の前には言葉が省略されていて、「(私の好きそうなものだったらなんでもOK。あとは)アナタにまかせる」なわけで。決して全面的にお任せしたわけではないのです。
女性は察して欲しい生き物なのです。
しかし、逆に男性は言語そのものを理解し、暗に含まれているものや気分、感情を読み取るが女性よりも苦手なのです。
つまり、「あなたに任せる」と聞けば本気で、素直にその言葉通りにとらえてしまいます。女性が受け取る感覚を、そのまま男性にあてはめて考えてはいけないのです。
「言わなくてもわかってくれる」、「察してくれる」ということはまず男性には期待しないほうがいいということです。ストレートに意見を言いましょう。

5位:買い物が長い

男性心理としては、買い物は何か目的があって行くものと考えています。ですから、「買うものを決めてから出かける」という人が多いです。しかし、女性は違います。全員とは言いきれませんが、買うものがなくても出かけるというのが女性です。
行ってから欲しいものがあったら買うという考え方です。ここに男性と女性の心理に大きな違いがあります。
また、女性は物質に満たされた時に大きな満足感を得るとのこと。洋服を買いに行ったのに、関係のない寄り道をしながら、物に囲まれて選んでいる状態を楽しむのが買い物なのです。

6位:まゆを描くためにそる

「あとから描くなら、マユは剃る必要ないのでは?」などと、男性からはザックリした意見が。しかし、そういうことを言う男性に限って、メイク上手な美人を好む傾向があるのも事実。そもそも、剃っている云々は後付けでまずは見た目から入る男性には意見させたくないというのが、女性の本音でしょう。
男子の大味な意見には惑わされることなく、女性は“美”の追求に励むほうが得策のようです。

7位:毎日化粧をする

「どうせ落としてしまうなら、高級な化粧品を買うのがもったいない」との男性からの意見です。
正直、女性からしてみれば、こんなことに疑問を持っている男性が理解出来ないでしょう。
化粧は、成人女性にとっての身だしなみです。男性が毎日髭を剃り、顔洗って服着るのと一緒です。
そして、男性で厚化粧が嫌いという方は結構いますが、それでもメイクした女性が男性にとって美しく、若く映る、というのは間違いありません。
結局男性は、すっぴんで眉が無い女性には、それはそれでご意見を持たれるでしょう。
眉同様、男子の大味な意見には惑わされることなく、女性は“美”の追求に励むほうが得策のようです。

8位:思っていることを遠回しに言う

例えば、急に雨が降ってきたときに、ちょうど目の前に男友達の運転する車がとまったとします。このとき、「傘を忘れちゃって……」と言って、「じゃあ、乗っていけば?」と相手の言葉を待つのが、男性にとっては“遠回しな物言い”に聞こえるそうです。

「車に乗りたいなら『乗せてもらえると助かるな』とストレートに言ってもらったほうがうれしい」「いちいち発言のウラにある本音を考えるのは面倒臭い」というのが正直な意見のようです。自分がどう思われるかを気にするよりも、自分がどうしたいのかをハッキリ伝えたほうが、男子にはわかりやすくて好感度もアップするようです。

9位:占いにハマる

女性誌では定期的に占いの特集が組まれることはあっても、男性誌にはないかも。お金を払って手相を見てもらう行列に並ぶのも、女子のほうが圧倒的に多いし……。
男性サイドの意見はというと、「科学的ではない気がして、自分が占いを信じられない」「自分の行動なのに、意志ではなく占いによって左右されるのが不思議」と、なんだか現実的です。もちろん、女子のなかでもどっぷり占いにハマる人もいれば、何かを決めるときに参考にするレベルの“占い好き”もいて個人差は大きいもの。女性が占いを好きなのは体内のセロトニンの影響だそうです。セロトニンは感情を安定させる神経伝達物質です。セロトニンが多いと人は安心し、セロトニンが少ないと不安になると言われています。セロトニンは女性ホルモンの変動と共にアップダウンします。ですから、女性は男性より不安になりやすいのです。「すがりたい」「頼りたい」という時に良くも悪くも見通しを立ててくれる占いというのは、とても魅力的なのだそう。

10位:甘いものが別腹

脳の働きによって生じる別腹ですが、胃の中に食べ物がたっぷり入っている状態では、さすがにスイーツは食べられないのでは……?と感じてしまいます。
しかし、脳はハンバーグでお腹いっぱいと感じていても、再びケーキへの欲求が高まると、同時にオレキシンというホルモンの分泌を促進します。オレキシンは、胃の働きを促進する働きがあり、たくさん食べたはずの胃袋にケーキのためスペースを作ってくれるのです。
「男女とも、甘いものを見たり食べたりすると快楽物質エンドルフィンが脳内で分泌されます。これによって『おいしい』とか『もっと食べたい』などの反応が出るのですが、オスよりもメスの方がエンドルフィンに高く反応するのです。ですから、男性よりも女性が『満腹でもケーキを食べたい』と感じるのは自然なことだと思います」
男性よりも女性の方が別腹が生まれやすい印象があるのは、どうやら脳の働きに由来しているようです。そう考えると、女性の食べ過ぎも仕方がないと理解してほしいものです。

8,846人
お名前
セイ
メイ
性別 男 
メールアドレス
(半角英数)